So-net無料ブログ作成

めだか保育園死亡事故、園長の会見には不可解なところがある? [事件事故]

2017年8月24日に、さいたま市の認可保育所「めだか保育園」のプールで4歳の女の子がおぼれ、亡くなるという事故がありました。

この事故に関して、保育園の園長が記者会見を開き謝罪しました。

ただ、この会見で、園長の発言にちょっと不可解なところがあると管理人が感じたことをまとめます。

[スポンサーリンク]




めだか保育園で起きた事故


事故があったのは、埼玉県さいたま市緑区大間木(おおまぎ)にある「めだか保育園」で、社会福祉法人こぐま会が運営しています。

この社会福祉法人こぐま会は、こぐま保育園、やまばと保育園、めだか保育園と三つの保育所を運営しており、めだか保育園はその中でも2008年開園と一番新しい保育園です。

0歳児から5歳児までを保育しており、園児の定員は合計で60名です。保育理念として「全ての子ども達の全面発達を保障する」を掲げており、リズム運動や泥遊びなど、体を存分に使った遊びを取り入れているようです。

事故があったのは8月24日の午後3時40分ごろで、女性保育士から「気がついたら浮かんでいた」と119番通報がありました。

このプールは園庭に仮設されているもので、縦6メートル、横4.7メートル、深さは70~90センチメートルだそうです。4歳の女の子ですと、頭は出るかもしれませんが、少し深めですね。

事故があった当時は年少(3歳児)~年長(5歳児)の園児19名がプール遊びをしており、保育士2名が付き添っていました。

めだか保育園の黛秋代園長は記者会見で、目を離したわずかな時間に溺れたようだと説明したそうです。

園長の会見で不可解なところ



この記者会見での園長の話を聞いて、管理人が不可解に感じたところをいくつかあげてみます。

目を離した隙のわずかな時間



事故が起きた24日は、めだか保育園でのプール最終日でした。

仮設しているプールの解体作業にあたり、設置していた滑り台を、見守りをしていた保育士が撤去している隙に溺れたらしい、ということなんですが、その時間がわずか30秒~1分ということだったそうなんです。

んーそんなに短時間でおぼれるものでしょうか? 

調べてみたところ、海外のライフセーバーがプールでおぼれた女の子を助ける動画というのを見つけました。



そこに寄せられたコメントによると、溺れた人がもがく時間は20秒~1分程度で、そのあとは沈むそうです。

目を離した直後に溺れると、そういうことは起きる可能性があるということになります。

ただ、おそらく、実際のところ溺れたのはもっと前で、プールから完全に目を離した時間が1分未満だったとしても、それ以前から滑り台のほうに気を取られて気がついていなかったんじゃないかと思います。

実際、他の園児たちが「あー」と声を上げたことで、保育士は気がついたそうなので……

[スポンサーリンク]




プールの深さ


事故の起きたプールは深さ70~90センチメートルあったということで、これは滑り台を設置する関係上、ある程度の深さを確保したのだと思いますが、やはりちょっと深いですよね。

おそらく、年少(3歳)児だと完全に足がつかない可能性もあります。お亡くなりになった女の子の身長がどれくらいかはわかりませんが、ニュースによれば腹ぐらいの高さだったそうで、ちょっと足を滑らすとかするだけで簡単に水を飲んでしまう深さだったと考えられます。

人間は膝の高さくらいの深さでも溺れることはありますので、本当に油断できません。

見守りの人数


この保育園の保育士の数が足りないのでは? という疑問もありますが、これは法律で「保育士の配置基準」というのが定められています。

それによると、3歳児の場合は園児20人に対して保育士が1人以上、4~5歳児の場合は園児30人に保育士1人以上という基準になっています。これに照らし合わせると、今回の事故の現場となっためだか幼稚園の場合、3~5歳児19人に対して2人の保育士ということになりますから、設置基準は満たしていることになります。

ただこれは、通常の保育の場合であって、プールでの水遊びでは、別の視点で見る必要があると思います。

先程の動画では、ライフセーバーが溺れている女の子を発見して10秒以内に救助に入っています。ただこれは、ライフセーバーとして厳しい訓練をしているからできる技であって、普通の保育士の方にこのレベルを求めるのは厳しいです。

そう考えると、この深さのプールで子供を見守る場合、プールの中に最低1人、できれば2人の見守りは必要だと思います。

実は、これも通常は3人体制のところを2人体制にしたそうです。

そして、その2人の保育士がそろって滑り台の撤去をしていたということで、プールの中には誰もいなかったということになります。仮に溺れたのをすぐに発見したとしても、プールに入って助けに行くまでに、間に合わなかった可能性がありますね。

プールの運用体制


そもそもこれまでの運用では、年次の違う園児を混ぜてプールには入らせず、さらに滑り台の撤去は園児が全員プールから出た後に行っていたそうなんです。

それが今回、なぜ園児たちを残した状態で撤去を始めたのか? 段取りがいい加減だったという批判が起きても仕方がありません。

もしかすると、そのような運用ルール自体無く、現場の保育士に任せきりだったのかもしれません。

さらに、プール遊びを午後にするというのも、管理人個人としては疑問に思います。というのも、昼寝後とはいえ、午後は午前中に比べて園児が疲れているからです。

会見では「直前まで元気だった」という話が園長からありましたが、午後は注意力も落ちて事故が起きやすい時間帯です。

園長が会見で嘘をついているかどうか、嘘をつくつもりはなくても事実誤認、あるいは安全上の認識不足も考えられます。

[スポンサーリンク]




めだか保育園の事故の教訓


園長の会見内容から、今回の事故は、色々と普段はやらないことをしてしまったために起きたと思います。

  • プールを深めにしていた
  • 見守りの人数を3人体制から2人体制にしていた
  • 年次の異なる園児をプールに入れていた(いつもは年齢別にしていた)
  • 園児がいない状態で片づけるはずの滑り台を、園児がいる中で片づけ始めた


一つ一つは小さい(?)変更点なのですが、これらが重なったことから、事故が起きる必然性もあったと管理人は感じました。

水の事故は本当に痛ましいです。安全面をしっかりとして、遊ばせてほしいと思います。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

こういうママ友のトラブルは初めて! 小学校5年生女子が殴られる [事件事故]

「ママ友のトラブル」というと、たいていはママ友同士で起きるものです。

ところが今回警察沙汰になったのは、ママ友に頼んで小学生の娘を虐待したというとんでもない話でした。

ママ友が共謀して起こしたトラブル


2017年8月23日、大阪市の港警察署が40歳の女二人を逮捕したと発表しました。

逮捕の容疑は暴行だったのですが、被害者は小学校5年生の女の子。

なんと、逮捕された容疑者の娘でした。


[スポンサーリンク]





港警察署の発表によりますと、この女の子の母親(容疑者A)はママ友(容疑者B)に頼んで自分の娘を殴らせ、その様子を動画撮影したというのです。

8月22日の午前11時頃、容疑者Aは大阪市港区の自宅マンションに容疑者Bを呼び、夏休み中の自分の娘(11歳 小学校5年生)をたたくよう依頼しました。

理由として、容疑者Aは「長女(11歳の被害者)が言うことを聞かないので(暴行を)頼んだ」と話しているそうです。

容疑者Bは「(容疑者Aから)頼まれてやった」と供述しているそうです……

容疑者Bは容疑者Aの娘の顔を平手で複数回叩き、押し倒しました。

そして、容疑者Aはこの暴行の様子をスマートフォンで撮影し、自分の夫(39歳)に送信。

送られてきた動画を見た容疑者Aの夫が警察に届けたため、二人が逮捕されたということです。

仲のいいママ友だったようだが


警察の発表によると、容疑者Aの長女(被害者)と容疑者Bの子供が小学校の同級生だそうです。典型的なママ友で、仲が良かったようですね。

ママ友同士でトラブルがないのはいいことかなと思うのですが、自分の娘を友人に叩かせるというのはちょっと神経を疑いますね。

そして、容疑者Bも「頼まれたからやった」といいますが、いくら仲のいい(?)ママ友からの頼みでも、小学生の女の子を叩くものでしょうか? 

その前に断るとか、母親を説得するとか、母親の代わりにこの娘を叱るとか、いろいろやりようはあると思いますが、思いつかなかったのでしょう、ね……。

被害者の女の子がどんだけ言うことを聞かなかったのかはわかりませんが、ママ友に叩かせるというのはやっぱりあり得ないなと管理人は思います。

[スポンサーリンク]




異常すぎるママ友トラブル


あと、容疑者Bの子供は、この現場にいたんですかね? いたとしたら自分の母親が友達を叩くところを見てることになりますが、気持ちとしてはどうなんでしょうか?

さらに、それをスマホで動画撮影して自分の夫に送り付けるというのも、意味が分かりません。

「折檻なう」とか「娘を平手打ちしてみた」とかいうタイトルでYouTubeにアップしてなくて、まだましでした。

送られた方の旦那さんは、「娘が妻のママ友からいじめられてる」ってびっくりしますよね。きっと母親のトラブルでこういうことになったと思って警察に届けたんだと思います。

それがまさか、ママ友同士で共謀していたとはね。

今回のニュースは、容疑者の名前が公表されてないんですが、容疑者の娘が被害者ですから、この女の子のことを考えると名前は出しにくいですよね。

とにかく、異常な感じのする事件です。

被害に遭った女の子が、二学期に入っていじめにあったりしないことを祈ります。

51okGOP401L._SX357_BO1,204,203,200_.jpg ママ友付き合いのルール
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

それいゆ(高山市)連続死傷の事件性を検証してみた [事件事故]

岐阜県高山市の介護老人保健施設それいゆで、2017年7月31日から8月16日にかけて発生した連続死傷事故ですが、あまりに立て続けに起きているために、警察も事件と事故の両面で捜査しています。

ネットでは、殺人・障害事件という推理をしているブログ記事もありますし、テレビのニュースショーでも、事件を疑うような調子で報道している印象があります。

似たような事例が続いていることもあり、ここで今まで起きたことを整理して、事件性を検証してみます。

[スポンサーリンク]





5件の死傷事故


1件目 80歳男性


一部報道ではお名前も出ていますが、ここでは伏せておきます。

男性は7月31日にデイルームで食事中に食べ物をのどに詰まらせて倒れ、意識を失っているところを職員に発見され、病院に運ばれました。

倒れた際、苦しむことなく意識がなかったため、施設では誤嚥ではなく心筋梗塞などが原因と判断し、県に報告はしていませんでした。

県は、介護施設などで入所者が事故死した場合に報告を求めているのですが、この件で報告がなかったことを問題視しています。

なお、この方の司法解剖はされていません。

2件目 93歳女性

 
こちらの方も、一部報道では名前が出ていますが、ここでは伏せます。8月6日深夜に居室で倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが7日未明に死亡しました。

病院で脳挫傷と頭蓋骨骨折が見つかっていますが、司法解剖はされていません。

女性は数日前から興奮状態にあり椅子から頻繁に立ち上がるような動きをしていたため、看護師が一時安定剤の投与を検討しましたが、実際投与や拘束はしなかったそうです。

記者会見で施設側は椅子から落ちて頭を打った可能性を示唆しました。

また、施設側は後日家族に対して個別に事故の経緯を説明し、疑問点である事件性の可能性について「100パーセント否定はできない」との趣旨を伝えてもいます。

施設から説明を受けた家族は「転倒の可能性が高いと聞いたが、監視カメラもなく、人もいなかったので、大切なところは分からない」とマスコミの取材に対して話しました。

3件目 87歳女性


一部報道では名前が出ていますが、ここでは伏せます。8月12日午後に体調が急変し、病院でお亡くなりになりました。

県警による司法解剖の結果、死因は折れた肋骨(ろっこつ)が刺さって肺の中に血がたまる外傷性血気胸(がいしょうせいけつききょう)でした。また、20日には胸の辺りにあざ、首や腕に傷のような痕が複数あったことが報道されています。

女性は職員の介助で12日午前9時30分ごろ入浴しました。

12日午後2時ごろ、女性の息子夫婦が着替えを取りに行くと、普段と様子が違い「おかしい」と感じたそうです。その際、首に赤いあざのような点々の痕があったといいます。

午後3時におやつを食べた際に異常は見られませんでしたが、午後4時40分ごろ職員が部屋を訪れると、嘔吐(おうと) しており顔面蒼白(そうはく)で返事が無かったそうです。そして5時35分ごろに、病院に搬送されました。

施設側はこれまで、「入浴介助をした際、胸骨やあばら骨を圧迫してひびが入り、生活の中で体を曲げたり、伸ばしているうちにあばら骨がずれ、肺を傷付けたのではないか」と説明。一方で「外部から意図的に力を加えたことも否定する根拠はない」とも説明しています。

関係者によると、女性は病気で昨年十一月に入所。三カ月ごとに入退所を繰り返し、三度目の入所の今回は二階の四人部屋に入り、お亡くなりになる数日前まで元気だったそうです。

4件目 91歳女性


お名前は公表されていません。

8月15日に胸にあざが見つかり、その後肋骨が折れていることが判明し、入院しました。

5件目 93歳女性


お名前は公表されていません。

8月16日に胸にあざが見つかり、肺挫傷(はいざしょう)と診断され病院に搬送されました。現在入院中です。


[スポンサーリンク]




5件の共通点


死傷した5人はいずれも認知症患者の専用棟である2階に入所していることから、認知症であった可能性があります。

また、最初の男性以外は、胸の骨を折っていて、胸に「あざ」が見つかっています。

なお、施設内に防犯カメラなどはなく「関係ない人も自由に出入りできた」そうです。

施設の職員のうち、2階の棟を担当していたのは18人いて、県警は2階で勤務していた職員を中心に任意で事情を聴き、当時の状況を慎重に調べています。

30代男性の元職員について


5人に異常が見つかったすべての日に出勤していたのは、勤続1年ほどの30代の男性職員1人でした。

関係者への取材によれば、この職員による入所者への暴言や暴行はこれまでに確認されていないそうです。

この男性は17日付で退職していますが、形の上では自己都合退職となっていますが、実際は辞めさせられたようです。

ある報道では「本当は辞めたくないけれど、辞めます」などと申し出て、自己都合退職したとされていますが、別の報道では「騒ぎになり、業務に支障を来すので、本人と話し合ってやめてもらった」と施設側の要請で退職したとされています。

また、この元職員の男性は新聞社などの取材に応じ、5人の死傷に関しては一貫して関与を否定しています。

一部報道によれば、元職員は疲れている様子で多くは語りませんでしたが、報道陣から死傷に関与していないことを確認され、「間違いないです」とはっきりと答えたとのことです。


[スポンサーリンク]




で、結論として事件性はあるのか?


岐阜県は、入所者の死亡が相次いだため、8月17日に施設を調査しましたが、7月31 日の事案(男性の死亡)について施設側から報告を受けていませんでした。これは、施設側が病気(心筋梗塞?)による死亡としたためです。

また、8月12日~16日の事案(3件目から5件目のこと)について、施設側から16日にまとめて報告があったことを問題視して、県は行政処分を視野に立ち入り調査をしました。

現時点ではっきりしている「事件性」は、この「施設側が県に適切な報告をしていなかったこと」になります。

殺人や傷害事件に相当するかというと、やはり骨折が発生した状況が不明であったり、お亡くなりになった方、けがをされた方が認知症専用のエリアに入居していたこともあって、特定には時間がかかると思います。

いま入院されているお二人が、どういう理由でけがをしたか、なにかしら思い出して話してくれれば究明が進むと思いますが……

というわけで、まだまだグレーゾーンな感じがあります。しばらく見守りたいと思う管理人でした。

41kKWl5wWHL._SX338_BO1,204,203,200_.jpg
「老健」が、親の認知症からあなたを救う! -特養、サ高住、老人ホームはやめなさい-


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース