So-net無料ブログ作成

岡田祐佳さん(岡田圭右さんの嫁)のブログ歴に驚いた [芸能人]

お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右さんが、離婚報道を否定していますが、嫁の岡田祐佳さんはどう思っているのでしょうか?

岡田祐佳さんはご自身のブログを持っており、そこになにか書かれてないかと思いまして、アクセスしてみました。

[スポンサーリンク]




岡田圭右さん、祐佳さんの離婚報道


岡田圭右さんが嫁の祐佳さんと別居状態にあるという報道が、29日発売の女性週刊誌の記事から始まり、テレビなどで取り上げられる事態になりました。

岡田祐佳さんは、ご自身のブログでこの報道について触れていて、次のように綴っています。

報道の通り
去年の秋頃から 主人は家を出ていき
現在別居状態でございます。

夫婦間の問題なので
きちんとお互い向き合い 話し合い
問題解決したいと思っております。

隆之介、結実の関係者の方々
ファンの皆様にも ご心配おかけしてしまい
申し訳御座いません。

(岡田祐佳公式ブログより引用)

岡田さんは、岡田圭右さんがお笑い芸人、嫁の岡田祐佳さんも元お笑い芸人でタレント、息子の岡田隆之介さんは俳優、娘の岡田結実さんはモデルと、芸能人一家なんですね。

岡田祐佳さんはブログの最新記事で、隆之介さん、結実さんとの生活に触れており、ご自身のタレント活動よりは主婦・母親としての生活が中心のようです。

嫁が夫について書いた最後のブログ


岡田祐佳さんがブログで夫である岡田圭右さんの名前を出したのは、2016年のこの記事が最後のようです。

ぎょぇーっっっ

ちょいちょいちょい?

LINEニュース←クリック。
見た?
ビックリしたわ

ますおか岡田、息子もイケメンだった!

って、流れてきて、

え?えっ?えーっ!!

な、岡田親子です。

(中略)

隆之介がイケメンやら、
そこには、父である岡田圭右さんの優しさと、元お笑い芸人の母の献身なさポートがありました。

て、書いてくれてたりしたけど

あたしゃー、そんな、ステージママ的にマメやない(笑)し、旦那やあたしのDNAなんて、普通やし(笑)
なんか、ツッコミどころ満載な内容ですが、

それもこれも、 パパや結実、隆之介の人柄なんやなぁ。
周りのスタッフさんやら、関係者さん
勿論ファンの皆さんに 愛されてるからなんやなぁ~て、感謝しかないですわ。

(中略)

家族仲いいと言われるけど、

そらぁ?色々ありますよ。
仲いいぶん 喧嘩もするしね!

そやけど、言えることは

家族が大好き[黒ハート]

て、ことですよね!

(;´∀`)…ァハハハ…ハハ…ハ…

寒い。恥ずかしいわ。


というわけで、この頃は仲良かったようですね。

[スポンサーリンク]




岡田圭右が別居した理由は嫁のブログに書いてあった?


女性週刊誌の報道によれば、岡田圭右さんの「理想の嫁」像と岡田祐佳さんの実像がずれてきたからという推測があるそうです。

もともと、結婚して子供ができても祐佳さんは仕事を辞めないという約束があったそうなのですが、実際結婚すると祐佳さんの芸能活動はストップしてしまいます。

圭右さんの家庭での様子は、ブログにちょいちょい書かれています。例えばこれ。

めでたい愛でたい?岡田さん!!

今日は、岡旦那。

岡田圭右の、誕生日47さいかぁ~。

早くもお祝いメッセージありがとうございます!

めでたい?

めでたいよなぁー(笑)
しかし、最近お疲れ気味で心配。
あんまり、言うと 亭主関白なんで

こら

って、言われちゃう


と、嫁さんには亭主関白だったようです。

報道によれば、芸能活動を再開したい祐佳さんはこれが不満だった?

最新のブログ記事だと、二人のお子さんを見守る母的な内容ですが、更新頻度が高く、自撮り写真も多いですし、自分自身がメディアに出たいという気持ちは残ってそうですね。

離婚が決まれば嫁さんのブログでも報告あるでしょう


岡田さんは今日行われたイベントで、別居していることを質問され、離婚に関しては否定しました。

祐佳さんと話し合いをしているという回答でしたが、もしかすると早いうちに結論が出るのかもしれません。その際には、きっと祐佳さんもブログで報告するでしょう。

ブログを読むと、岡田祐佳さんはとてもしっかりした方だと思った管理人なのでした。

51Av8o5KQ4L.jpg
子連れ離婚を考えたときに読む本(新川てるえ)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日野皓正のビンタに擁護の声、理由は? [事件事故]

世界的ジャズトランぺッター日野皓正さんが舞台上で男子中学生に往復ビンタをしたと、週刊新潮と週刊文春が競って報道していますが、これに対する世間の声がいつもとちょっと違います。

いったい何があったのでしょうか? そして、なぜ日野皓正さんのビンタに擁護の声があがっているのでしょうか?

[スポンサーリンク]




日野皓正のビンタ動画


週刊新潮も、週刊文春も、日野さんが男子中学生に往復ビンタをしたという動画を公開してます。動かぬ証拠というやつです。

改めて、ビンタ事件の経緯をまとめてみます。

事件は、8月20日に世田谷パブリックシアターで開催された「Dream Jazz Band 13th Annual Concert」で起きました。

これは、2005年から毎年夏に開催されている「せたがやこどもプロジェクト2017」の「ステージ篇」として行われるプログラムのひとつ「日野皓正 presents "Jazz for Kids"」として開催されたコンサートです。

毎年、世田谷区立中学生から募集して結成される「Dream Jazz Band」(通称:ドリバン)が、日野皓正さんを含むプロのジャズ・ミュージシャンと4か月の練習を行います。そして、その成果発表がDream Jazz Band 13th Annual Concertでした。

この日まで練習を積んできた中学生にとっては夢の大舞台、さらには世界的トランぺッターの日野皓正さんプロデュースです。大盛り上がりのはずです。

ところが演奏中、ある一人の男子中学生がドラムソロを叩いている中で舞台袖付近から日野皓正さんが現われます。

日野さんはつかつかとその男子中学生のほうに向かい、ドラムスティックを取り上げるとそれを床にたたきつけるように投げて、袖に下がろうとします。

ところが、男子中学生は再び手でドラムを叩き出し、それに気づいた日野さんがその男子中学生のところへ戻り、こんどは頭を上からつかみ、髪の毛をもって振り回すようにします。

そして、なにか(おそらく叱るような言葉を)かけた後、少年の頬を二発、平手打ちしたのでした。

まさか日野さんが怒って登壇したとはまったくわからない舞台スタッフは、しっかりと日野さんにスポットライトを当てていました……

舞台上も、観客も「何が起きたかわからない」という感じだったんでしょうね。

週刊文春と、週刊新潮がそれぞれ動画を上げてますが、週刊新潮のほうがビンタの場面を最後まで紹介しています。

日野皓正 ビンタ動画(週刊新潮)



[スポンサーリンク]




当事者たちはなんといっているのか?



週刊誌の取材に対して、「ドリバン」を主催している世田谷区教育委員会は「行き過ぎた指導であったととらえております」という回答でした。

日野皓正さんは、週刊誌の取材に対する回答は無いようですが、終演後に保護者に対して「生徒のソロパートの演奏が長くなり過ぎたので、止めようとした」と説明したそうです。

また、保坂展人世田谷区長は、このビンタされた保護者から「日野さんには感謝している。やめてほしくない」とあったコメントしました。

世間の反応



世間の反応としては、大きく二つありまして、
  • 日野皓正が暴力をふるったことは許されない。
  • 日野皓正さんは悪くない、必要な体罰だった。

です。

「暴力いけない」と「体罰は許される」の真っ二つですね。
これはもうどちらも相容れないと思います。

「暴力いけない」はそれ以上でもそれ以下でもなく、何があっても中学生に手を上げるなんてのはいけないことだ、ということです。

では、もう一つのほうを考察したいと思います。

[スポンサーリンク]





日野皓正さんのビンタを擁護する理由


本当のところはわかりませんが、この男子中学生は練習の時からちょっと問題児だったそうです。つまり、ドラムソロをなかなかやめない、協調性がないという評判だったんですね。

このコンサートでも、「ドリバン」のメンバーそれぞれにスポットライトが当たるように、全員にソロパートが割り当てられていたそうです。

週刊文春の動画では、「ドリバン」全体の様子がわかります。


確かに、ドラムだけでも3セットあります。それ以外にもコンガが見えてますから、ドラム・パーカッションだけでも、一人一人にソロをさせるとなると、そうそう長い時間はとれません。

そんな中、この男子中学生はソロを辞めず、周囲のメンバーをあおるような振りもします。

そこで、日野さんが登場してスティックを取り上げた、それでもこの男子中学生は辞めなかった……日野さん激怒という流れです。

まあ、スティック取り上げられた時点で演奏とまっちゃいますよね、そこでまた続けるんですから、観客は「ギャグ」に思ったかもしれません。

この暴走中学生を止めるために必要だった、というのが日野さんのビンタを擁護する理由です。「他にどうしろと」ということですね。

管理人、実際目の当りにしたらどうだったんだろうと悩んじゃいますね。全体のバランスを考えたら、当然辞めてほしいんですよ。ただ、口で言ってわかるタイプでもなさそうですよね。スティック取り上げられても叩くような骨のある中学生ですから。

あり得るとしたら、もうこの中学生だけに叩かせて、ほかのメンバー全員を引っ込めるかな。

もちろん裏では大説教大会になると思いますが、表向きは「なんかこれ演出?」とごまかせるかもしれません。
(わかる人は異常性がわかるだろうけど)

管理人の感想としては、暴力云々もあるんですが、やっぱりせっかくの音楽をとめちゃったのが悔しいですね。ビックバンドなんですから、全体の調和も大切ですからね。

スタンドプレイは許されませんし、それは4か月の練習中にもさんざん言われてたと思うんですけどね。実に残念です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

池谷幸雄は逮捕されてない。借金が理由なのは間違いないらしい [芸能人]

元体操選手でバルセロナオリンピック銀メダリストの池谷幸雄さんが「逮捕された」という噂がありました。

元ネタは週刊新潮らしいのですが、そのあとインターネットではあたかも容疑者扱いになっています。

[スポンサーリンク]




池谷幸雄さんを取り巻くトラブル


なんで、池谷幸雄さんが逮捕なんていう噂が出ているのでしょうか? それは、池谷幸雄さんが取り組んでいるビジネスに関わっているようです。

池谷幸雄さんといえば、ソウルオリンピックで銅メダル、バルセロナオリンピックで銅と銀メダルを獲得した体操界のスターです。オリンピック選手として引退した後もテレビ出演するなど、人気タレントとして活躍されていました。

ちなみに、弟の池谷直樹さんも体操選手で、テレビ「筋肉番付」や「スポーツマンNo.1決定戦」で巨大な跳び箱に挑む姿を管理人は憶えています。

話を池谷幸雄さんに戻します。池谷幸雄さんは現役引退後、体操教室「池谷幸雄体操倶楽部」を設立、第44回世界体操競技選手権で種目別床4位となった村上選手をはじめ、一線級の選手を輩出しています。

……と、これだけ見るとトップクラス選手が名指導者になったという美しいパターンのようですが、どうやら体操以外でトラブルがあるようなんですね。

そのトラブルとはズバリ「借金」

金銭トラブルが理由で、逮捕という噂が出ているようなんです。

[スポンサーリンク]




池谷幸雄さんは金銭トラブルが理由でテレビのネタに


実は、池谷幸雄さんは過去にも詐欺で大金を失っています。

池谷さんの最新のブログ記事を引用します。

こんにちは、ユッキィです (^_-)-☆


TV出演情報です !!

(中略)

テレビ朝日系「あるある晩餐会」

(中略)


テーマは、


<巨額詐欺で大金を騙しとられた芸能人あるある>

そんな【あるあるゲスト】は

ユッキィの他に、

(中略)

となってます ( *´艸`)



お楽しみに (^^)/

(池谷幸雄オフィシャルブログ 投稿日:08.24.2017 より)

池谷幸雄さんは、以前「しくじり先生」にも先生として出演しており、その時も「複数回詐欺にあい合計3億円を失った」と語っていました。

まあ何というか、騙されやすい人なんですかね……

ただ、今回「逮捕」と噂になったトラブルは、詐欺の被害ではなく、加害者側としてです。

[スポンサーリンク]




池谷幸雄は水ビジネスに手を出した


池谷幸雄さんは、アスリートということもあって、水ビジネスにもかかわっています。

「H2plus」という水素水発生器のイメージキャラクターを務めており、販売している会社のホームページでは「いつもの日課に水素水」というキャッチコピーとともに写真が掲載されています。

こちらの水素水に関しては特にトラブルは起きてないようですが、昨年立ち上げた別の水ビジネスが問題のようです。

週刊新潮がスクープした記事によると、東京にあるメーカーが製造している「カンファスイ」の販売代理店「株式会社ネオフューチャー」を池谷幸雄さんが立ち上げ、ある男性に出資を持ちかけたとのこと。

池谷幸雄さんは、このカンファスイを韓国で独占的に販売する権利を保有しているらしく、それを軌道に乗せるため男性に8,000万円の出資を求め、男性は一旦はその契約に応じる姿勢だったそうです。

週刊新潮に告発した男性の弁では、製造元のメーカーも調査したうえで、「カンファスイ」は怪しいものではないと判断したそうなのですが、
池谷幸雄さん側から、「契約書を取り交わす前に全額を入金してほしい」という話があり不信感を持ったとのこと。

結局、この男性は4,500万円をネオフューチャー側に支払ったのですが、支払った直後から池谷幸雄さんとは連絡が取りにくくなったそうなんですね。男性はネオフューチャーが信頼できないと感じて、自分はビジネスから撤退すると伝え、支払った4,500万円の返還を要求しますが……

というのが週刊新潮の記事です。

「ネオフューチャー」側としては、まだ韓国での販売をあきらめたわけではなく、資本金が足りないため計画がとん挫しているだけで、騙す意図はなかったと話していました。

さて、実際これは「詐欺」として立件されるものなのかどうか、管理人は法律には詳しくないのでなんとも判断がつきません。

ただ、現時点で池谷幸雄さんが逮捕されていないのは確実です。逮捕されてたら(ニュースで容疑者として紹介される以外では)テレビ出演はあり得ませんからね。

まとめと管理人の感想



池谷幸雄さんは逮捕されていませんが、水ビジネスでトラブルを起こしているようです。

管理人の感想としては「なんで"水商売"に手を出すのかな」と思います。

「カンファスイ」自体は怪しいものではないと思っております。「カンファスイ」のような殺菌消毒作用をもつ類似製品はほかにもありますしね。

ただ、国内でなく韓国での独占販売権といったあたりはなんか香ばしいものがありますね。海外で販売って、そんなに簡単なものでもなさそうですしね。池谷幸雄さんはその知名度を生かしているのかもしれませんが、元体操選手ですからね。

410v6AnT9nL.jpg
日本の水ビジネス



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース